PRP注入療法とは

PRP注入療法とは、ご本人の血液から採取した血漿(けっしょう)を濃縮して作製した高濃度のPRP (多血小板血漿;Platelet Rich Plasma)を注入し、しわやたるみなどを改善するという美容治療です。

ご自身の血液を使った治療ですので、ヒアルロン酸製剤にアレルギーのある方やボトックス製剤などの使用に不安のある方にも安心して受けていただける治療です。

当院では、採血後のPRP製剤への加工を、再生医療関連事業を展開するセルソース株式会社の専用施設に委託しており、同社の加工技術を用いた製剤であるVFD®︎を採用しております。

血小板と血小板由来の成長因子とは?

ご本人の血液から採取した血漿には、血小板が多く含まれています。

血小板とは、骨髄の巨核球という細胞の一部がちぎれてできる血液中の成分の1つで、止血や組織の修復に関与しています。

この血小板からはさまざまな成長因子が放出されています。

血小板から放出される成長因子
血小板から放出される成長因子

血小板由来の成長因子には、PDGF、FGF、EGF、VEGF、TGF-βなどがあり(図)、これらの成長因子によって、さまざまな細胞の分裂・増殖や組織の修復が促進されます。

整形外科領域では、すでに膝や肘の関節内にPRP注入が行われており、炎症を抑えて術後の回復を促す治療として活用されています。

この血液由来の成長因子を用いたバイオセラピー療法を、美容皮膚科領域の治療に応用したのがVFD®療法です。

血小板と血小板由来の成長因子とは?

ご本人の血液から採取した血漿には、血小板が多く含まれています。

血小板とは、骨髄の巨核球という細胞の一部がちぎれてできる血液中の成分の1つで、止血や組織の修復に関与しています。

この血小板からはさまざまな成長因子が放出されています。血小板由来の成長因子には、PDGF、FGF、EGF、VEGF、TGF-βなどがあり(図)、これらの成長因子によって、さまざまな細胞の分裂・増殖や組織の修復が促進されます。

整形外科領域では、すでに膝や肘の関節内にPRP注入が行われており、炎症を抑えて術後の回復を促す治療として活用されています。

この血液由来の成長因子を用いたバイオセラピー療法を、美容皮膚科領域の治療に応用したのがVFD®療法です。

VFD®︎とは?

VFD®とは、セルソース株式会社独自の血液加工技術を用いて作るPRP製剤です。

セルソース株式会社は、厚生労働省関東信越厚生局より特定細胞加工物の製造許可を得た「セルソース再生医療センター」を所有しており、無菌環境下の万全な設備と徹底した品質管理のもと、加工・培養を行っております。

この専用施設において、採取した血液は無細胞化・フリーズドライ加工され、VFD®となります。オーダーメイドで作製された自己血由来の成長因子が肌の細胞に働きかけ、美肌に必要なコラーゲンやエラスチンなどの生成を促し、肌を活性化させます。

VFD®は使用期限が長いため(約6ヶ月)、1回の採血で得られた製剤で、気になる部位への注入を計画的かつ複数回にわたって行うことができます。

なお、採血の際に、感染症検査(HIV、HBV、HCV、梅毒、HTLV-1)および無菌検査を実施しています。

※感染症検査、無菌検査で陽性の場合は、この治療を受けることができません。

1.採血
2.専用施設での加工
3.完全オーダーメイドの製剤

4.部位に合わせて注入量を調整

こんなお悩みに

  • 加齢による顔のしわ
  • たるみ
  • 肌のハリを出したい
  • 肌の凹凸の改善をしたい
  • 自然なエイジングケアがしたい
  • 低リスクの注入療法を行いたい
  • 自分自身の再生能力で、皮膚の弾力を回復させたい
  • できるだけアレルギーのリスクを避けたい 
    (アレルギーのリスクはほとんどありませんが、ゼロではありません)

DATA

施術の目的目の上のくぼみ、目じりの小じわ、ニキビやニキビ跡の凹凸、色素沈着・シミ、おでこ・眉間のシワ、目の下のクマ・たるみ、頬のたるみ・毛穴の開きの改善
治療時間60-90分(注入部位の数によって異なります)※表面麻酔の時間を含む
ダウンタイムごく稀に出る内出血(青アザ)が出た場合は約1-2週間
メイク直後よりOK。ダーマペンで導入した場合は、12時間洗顔不可。
注意事項注射部位の赤み、局所の痛みが出る場合も。内出血はコンシーラーなどで隠せますが、予定の2週間前までに施術を行う方が望ましいです。
治療回数のめやす6ヶ月以内に6回まで施術可能。

施術の流れ

カウンセリング

気になる部位を伺い、診察します。施術方法について詳しく説明いたします。

STEP
1

採血

感染症検査用とVFD製剤作製用を合わせて、約50mlの血液を採取します。

STEP
2

VFD加工(約3週間)

セルソース専用施設において感染症検査および製剤への加工を行います。(約3週間)

STEP
3

製剤の到着

フリーズドライ化された製剤がクリニックへ届きます。

STEP
4

メイクオフ

顔の施術の場合は、事前に洗顔して皮脂や汚れを落とした清潔な状態にします。

STEP
5

注入

麻酔クリームを塗布後に気になる部位へのVFD製剤の注入を行います。注入法や詳細は医師もしくはスタッフにお尋ねください。

STEP
6

治療完了

施術後はメイクをしてお帰りいただけます。

STEP
7

マイクロニードリング療法(ダーマペン4)

ダーマペンを用いると、皮膚に細かい穴があきますので、VFD®をお肌の奥に浸透させることができます。VFD®に豊富に含まれる成長因子がお肌の細胞に働きかけ、美肌に必要なコラーゲンやエラスチンなどの生成促進を促し、肌を活性化します。